猫も杓子も走るけど・・・

2016年05月13日(金) ブログ, 社員ブログ

こんにちは。
社員Cです。つたない文章ですがお許しを。


私は運動音痴である。それも筋金入りである。
考えてみれば若い時から運動クラブにも属さず、何も運動をしてこなかった。
体力がないため、すぐに息が切れてはばてる。


泳ぎもできない。
泳げないけど20代の頃、後輩の子たちを誘って4人でスキューバーダイビングのライセンスを取りに行った。
私が誘ったのになぜか私だけが補修になった。
無理もない。
海の実習で焦り、海底にボンベを下にして沈み両手両足をジタバタさせてカメがひっくり返ったようにもがいた。
ライセンスは取れたがそれ以後潜っていない。
20160513_01


そんな私が去年の春、後輩の子に一緒にマラソン大会に出ましょうよ~と
誘われた。なんで私が今更走るなんて・・・と思ったが、お酒の勢いと後輩の押しに負けてしまった。
初めは富士山が見える大会がいい、と勧められ、秋の10キロマラソン大会にエントリーした。


そうは言っても私は大の暑がりである。暑いうちは走れない。
9月から走ろう、と決めていた。
決めていたが、9月になってもご存じの通り最近の日本はまだまだ暑い。
残暑どころか夏そのものだ。中々走り出す勇気がもてない。
そんなこんなで9月も終わろうとしていた。
さすがにこれではダメだ!と奮起して9月のとある週末、ランニングシューズを買いにスポーツ店に行った。
20160513_02


いやぁ、あるは、あるは、ランニングシューズの種類が・・・
金額もピンからキリまであり、何が違うのかもさっぱりわからないので店員に聞いてみた。

私「すみません、2か月後に10キロマラソンに出場するんですがシューズはどんなものを選べばいいですか」

店員「走らなくなって何年ですか?」

私「え? 走ったことないですけど・・・」

店員「えぇ?? ああじゃあ専属トレーナーがいるんですね」

内心、専属トレーナーがいたらあなたに聞かないわよ・・・と思いながら、

私「いませんけど・・・」

店員「・・・」

そのやりとりで相当無謀なことだと悟ったが、もう後へはひけない。
24時間テレビでDAIGOさんが履いてた同じシューズを買って帰った。
DAIGOさんもこの靴のお陰で走れたのかも、と期待しながら・・・

それから2カ月間、週2~3回早起きして30~40分走った。
辛かった。楽しくなかった。途中からもっと楽しくなる想定だった。
でも全ては11月のマラソン大会までだと腹をくくり、頑張った。
でもやはり5キロが練習では限界だった。

大会当日、快晴だった。富士山がとても綺麗だった。
周りの声援もあり、なんとか歩かず気持ちよく10キロ完走した。
20160513_03


なんとも言えない達成感だった。
こんな達成感、近頃味わったことがあっただろうか。
しかも今年の健康診断の結果が明らかに良くなった。

そして今は大会のためではなく、健康のために楽しみながら走っている。
運動音痴であろうと、こんなトシ(半世紀は過ぎている)であろうと
何歳からでも走り始めるのに遅くはないのである。

猫も杓子も走っているけど、ブームに乗って健康になるのもありではないか。


101歳のスイマー、長岡三重子さんをご存じだろうか。
80歳で水泳を始め89歳で銀メダルを取り、悔しくて90歳からコーチを付けたそうだ。
そんな人生、誰が想像できるだろうか。

私も80歳になったらスキューバダイビングを再度始めようかな。。。




アーカイブ

Twitter